HOME
会社概要
会社概要
社長メッセージ
沿革/あゆみ
アクセス
業務内容
業務内容
電子納品支援
測量
地理情報
設計
補償
調査・その他
ふるさと新発田
新発田の概要
新発田の名産品
アクセスマップ
リンク
測量・設計関係
その他
お問合せ

赤外線カメラ



目に見えない損傷も逃しません!

赤外線トップ

赤外線カメラとは?

 目視で確認できない損傷を、熱を通すことによって非接触で見つけることが出来る特殊なカメラです。

赤外線カメラを使用するメリット

     
  • メリット その1
    構造物の表面温度の分布状況から損傷や欠陥を検出することが可能。

  • メリット その2
    非接触で広範囲の温度分布を計測することが可能。

  • メリット その3
    高所や危険な場所、近づきがたい場所も足場を掛けずに遠方からの撮影が出来る。

  • メリット その4
    広範囲の撮影が出来るため、作業時間の短縮を図ることが出来る。

  • メリット その5
    熱画像データをデジタル記録として残せる。

こんなことができます!

  • 橋梁写真
    浮きや漏水が発生している場合、表面温度差の違いから損傷を発見できます。

    橋梁の下部工を全体を写すと、竪壁に熱となって写っているのがわかります。
    橋梁可視 橋梁可視
    拡大して撮影すると、熱となって赤くなっている右側に陥没がありました。
    そこから浮きが生じている可能性があるので打音調査を行うと、        
    橋梁可視 橋梁可視
    モルタル上塗りした部分に浮きが出来て、その部分が熱となって写しだされました。
    橋梁可視
    よって、赤外線カメラで解析することで竪壁に発生した浮きを発見することができました。


  • 堰堤を撮影した様子
    堰堤可視画像 堰堤可視画像_赤外線

こんなところでも活用が期待!

  • 橋梁点検やトンネル点検調査(構造物の保全予防に繋げることが可能)
  • 堤防や砂防堰堤の漏水調査(現状の健全度を調査し維持管理として活用可能)
  • 吹き付け法面のコンクリート内部調査(空洞やモルタル・地山の劣化などの調査が可能)
  • 太陽光パネルの管理(定期検査することで不具合の早期発見と維持管理として活用可能)